So-net無料ブログ作成
きょうの名言 ブログトップ
前の7件 | -

水路・回路 [きょうの名言]

そう簡単にわからない、そう簡単に国境をこえない。そう思ったうえで、でも、言語を超えてわかり合える、通じ合えるものがあるかもしれない。伝わらないと思われているものにも、回路はあるかもしれない。そのくらい謙虚にしていると、たどりつく場所が用意されることもあるのではないかと思うのです。(小室等『人生を肯定するもの、それが音楽』)

・・・・・

中沢新一さんと「水路」の話をして、しばらく経ってたまたま開いてみた小室さんの本にも「回路」のことが書いてあった。「それを、つくらないとまずいですよ」と中沢さんが言っていたことを思い返す。思いやエネルギーの通う水路と回路を。

人生を肯定するもの、それが音楽

人生を肯定するもの、それが音楽

  • 作者: 小室 等
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

記憶とか [きょうの名言]

確かに言う通り、記憶って結構適当なもんなんだと思います。
忘れたことすら意識できていなくて、それを恐いとも思わない。
(柴崎友香・田雜芳一 「いつか、僕らの途上で」

・・・・・

それで、覚えていることすら忘れてしまって、
それをおかしいとも思わない。

僕は記号の化合物なのか、
それとも、記憶が僕の化合物なのか。

いつか、僕らの途中で

いつか、僕らの途中で

  • 作者: 柴崎 友香, 田雜 芳一
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

想像力の持つ経済的な力の例 [きょうの名言]

最も有能なコンピュータ・ソフトウェアはカリフォルニアなどの西海岸から生まれました。なぜか? それは、ギンズバーグがそこで詩を読んだからです(笑)。
(G.スナイダーの言葉。後藤繁雄「最定住(リ・インハビテーション) ゲーリー・スナイダー」から)

・・・・・

久々に読んでみたのだけど・・・、なんか愉快な気分になるよね。

五感の友

五感の友

  • 作者: 後藤 繁雄
  • 出版社/メーカー: リトルモア
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

センチメンタルな気持ちを吹き飛ばして [きょうの名言]

何かを発見することを、続けていけるなら大丈夫だ。それがほんの些細な事でもだ。
僕の中で大切なのは、同じ木の枝に何か新しい新芽を見つけることであって、
となりの木に生る果実に手を伸ばすことではない。
いつのまにか物理的な成長は止まり、経験だって蓄積されれば、
初めての経験は少なくなっていくだろうが。
それでも、青白い小さな芽は生えてくるのだ。
気をつけてさえいれば、その瞬間を逃しさえしなければ、感じることが出来るはずだ。
そう、感じる気持ちは大切だが、やっぱりそこに留まってちゃ話にならない、始まらない。
転化させなくちゃ。
何かを始めようとすることに転化された気持ちは、きっと新芽を生むはずだ。
まだまだ重力に逆らって、伸びようとするはずだ。

(奈良美智 『NARA NOTE』 2005/07/05 から)

・・・・・

その「転化」というのが「アート」なんだっていうことを、
ぼくは"YOSHITOMO NARA + graf : A to Z"のなかにみた。
そこには、物づくりの初期衝動がそのままにあって、
たくさんの想いを集めながら、静かにロックに燃えていた。

NARA NOTE

NARA NOTE

  • 作者: 奈良 美智
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

art is... [きょうの名言]

芸術とは目に見えるものの再現ではなく
見えるようにすることである。
パウル・クレー

・・・・・

だとすれば、音楽というのは
聞こえない響きを聴こえるようにする技術のこと
なのだろう。

クレーART BOX―線と色彩

クレーART BOX―線と色彩

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

夏のフィルム [きょうの名言]

今はただ 僕ら二人で通りすぎる
その全てを見届けよう
心のすれ違う瞬間でさえも包むように

(桜井秀俊・倉持陽一 「ENDLESS SUMMER NUDE」)

・・・・・

突然すばやく秋めいてくるなかで、夏の歌を想い出していたら、
真心プラザーズのこの曲がぐるぐるとめぐった。
ここで「はしゃぎすぎてる夏の子供」は、切ない加速とともに、
季節を走りきる僕たちの永遠の夏ヒットだろう。
「ループスライダー」にしてもそうだが、桜井秀俊というひとは、
やっぱりちょっと天才的だと思う。(きょう偶然見かけたけど。)



I will Survive

I will Survive

  • アーティスト: 真心ブラザーズ, 真心ブラザーズ, 桜井秀俊, HAKASE
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 1998/04/22
  • メディア: CD


SUMMER NUDE 999 REMIX

SUMMER NUDE 999 REMIX

  • アーティスト: 真心ブラザーズ, 倉持陽一, 桜井秀俊, CHOKKAKU
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 1999/07/01
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

優しくわきおこる思い [きょうの名言]

ぼくは手を休める。ぼくのなかで奥深く、優しくわきおこる思いがある。ぼくはそれを感じる。苦労もなく自信に満ちあふれた何かを。色彩がぼくをとらえたのだ。ぼくの方から追いかける必要もない。色彩がいつでもぼくをとらえるだろう。これが幸福というものだ。色彩とぼくはひとつになった。ぼくは絵描きなのだ。(クレー 『日記』・新藤信訳)

・・・・・

素晴らしい言葉だ。しかし、
ぼくはなにとひとつになれるのだろう?

クレーART BOX―線と色彩

クレーART BOX―線と色彩

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の7件 | - きょうの名言 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。