So-net無料ブログ作成
leaves and waves ブログトップ
前の7件 | -

思い出すのは [leaves and waves]

重要なのは、
何を観たか?ではなく、
いつ観たか?なのだ

-岩井俊二 『トラッシュ・バスケット・シアター』
「まぼろしの市街戦」から


トラッシュバスケット・シアター (ダ・ヴィンチブックス)

トラッシュバスケット・シアター (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 岩井 俊二
  • 出版社/メーカー: リクルート ダヴィンチ編集部
  • 発売日: 1997/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



トラッシュバスケット・シアター (角川文庫)

トラッシュバスケット・シアター (角川文庫)

  • 作者: 岩井 俊二
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

黒く、硫酸みたいにつんと、黙して [leaves and waves]

理想は理想として、私はとりあえず暮らしの成り立つ仕事にありついて、それを節度ある行いだと信じるふりをしているのだ。
(「珈琲と馬鈴薯」)
*
感情のじかの接触におぼれず、それをゆっくり育てたり修復したりする時間の使い方に、あの連中はいかにも長けている。
(「のぼりとのスナフキン」)

-堀江敏幸 著 『おぱらばん』




おぱらばん (新潮文庫)

おぱらばん (新潮文庫)

  • 作者: 堀江 敏幸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

左足の言葉 #39 [leaves and waves]

逆説的だけど、足りないものがあったからこそ、この歳までできたのかもしれない。

-「名波浩 夢の中まで左足」 名波浩、増島みどり著


名波浩 夢の中まで左足

名波浩 夢の中まで左足

  • 作者: 名波 浩
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

人気のない町角 [leaves and waves]

「傷だらけの自由に希望をもて」

-テオ・アンゲロプロス 「旅芸人の記録」から。
ミハリス・カツァロスの詩の引用。(池澤夏樹・字幕)


テオ・アンゲロプロス シナリオ全集

テオ・アンゲロプロス シナリオ全集

  • 作者: テオ アンゲロプロス
  • 出版社/メーカー: 愛育社
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

笑い [leaves and waves]

ヨゼフィーネには、いろんな点で笑いを誘うものがあると、認めてもいい、もともと われわれには、笑いはいつも近しいものである、われわれの生活の あらゆる悲惨にもかかわらず、かすかな笑いは、いわばいつも われわれの親しい仲間である。けれども、ヨゼフィーネのことを われわれは笑わない。

-カフカ 吉田仙太郎訳 「歌姫ヨゼフィーネ、または二十日鼠の一族」
『断食芸人 カフカ自撰小品集Ⅲ』(高科書店刊)より



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

monky talk [leaves and waves]

しかし、わたくしに関していえば、当時もいまも自由を求めてはおりません。因みに、人間の間では、自由ということばで思い違いをするケースが、あまりに多すぎます。そして、自由が至高の感情に数えられるのと同様に、それに対応する感覚も、おなじ至高の感情に数えられるのです。

*
 そうです、わたくしは自由を求めたのではありません。出口だけを求めたのです。右に向いても、左に向いても、どっちに向かっても。それ以外に、なんの要求もありませんでした。出口が 単なる錯覚にすぎないとしても、です。要求がささやかなら、錯覚もそれより大きくなるわけがない。

-カフカ 吉田仙太郎訳 「ある学会への報告」
『田舎医者 カフカ自撰小品集Ⅱ』(高科書店刊)より
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大洪水 [leaves and waves]

 あらゆるものがまざり、深くなる。眠気と無気力は、新しい現実を生み出す柔軟な織物を有している。
*
 霧と廃墟の壁の向こう側に楽園がかくされているのを私は知っている。だがこの楽園は失うためだけの楽園である。獲得する方法はない。調和や美はそういうものである。すべては論理的、決定的であり、迅速である。知らぬままに私にさずかり、あらゆる事物をたがいに結びつける神秘の時間である。信仰でもなく、受難でもない。微妙な暗黒の歓びであり、密閉された箱のなかに閉じこめられた影の完全な美徳であり、精神や行為の凝集力、テーブルに着こうとする家族の一団みたいなものであった。だがそれらのものは一対の眼の鋭さにより、ふたつの網膜の痛みにより、神経や細胞の激しい機能によってたちまち完膚なきまでに破壊されてしまった。

-J.M.G.ル・クレジオ 望月芳郎訳 『大洪水』



大洪水 (河出文庫)

大洪水 (河出文庫)

  • 作者: J M G ル クレジオ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/02/04
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の7件 | - leaves and waves ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。