So-net無料ブログ作成

What the world needs now is... [on and on]

love, music and radio! (←好きな言葉を思い浮かべてください)

ここ数年のうちにも、佐野元春さんが何度となく語っていたのが、Radioメディアが力を弱めたことが現在のポップ・ミュージックに甚大かつ深刻な影響を及ぼしている、という確信だ。創り手と聴き手、そして送り手の力が何乗にも作用して、音楽が伝わっていくヴィヴィッドな体験を、若い頃のぼくはラジオを通じてたくさん得た。スポンサー主導のビジネスではなく、インディペンデントな個性をもった放送局とDJが、さまざまに想像力をかきたてるようにして、曲から曲への魔法のような旅を届けてくれたから。一週間がお気に入りの番組とともに過ぎていくのは、それだけでも楽しいことだった。1980年代にはラジオを介して、ずいぶんいろいろなことを教わったけれど、佐野元春はそのなかでもぼくにはとても身近なDJだった。

さてさて、いまさら思い出話をしたいわけじゃなくて、ぼくはいままさに、「元春レイディオ・ショー」というお馴染みのタイトルの番組を、新しい驚きと素敵な出会いを求めて聴いているさなかだ。佐野元春の声は、いっしょに流れてくるたくさんの音楽と同じく、とても温かくインティメイトに響いて、まるで20年以上の時をまたいで、ひとつの輪がすっと繋がったかのようだ。もちろん、「DJ:佐野元春」のことだから、新しい挑戦がウィットのようにそちこちに潜んでいることだろう。

ぼくが強く感銘を受けるのは、その内容や選曲はもちろんだが、先ほど記したようにラジオの力を嘆くだけでなく、佐野元春はそれを自らの責任として挑み、こうしてちゃんと自分のレイディオ・ショーを通じてスマートに実行してみせるところだ。もちろん、リスナーのぼくたちだって、もう20年少しは年をとっているのだけれど、懐かしく感じるすきがあったら、新しいことをなにか自分で始めてみればいい。佐野元春がいつもそのようにぼくたちに微笑みかけているとおり。ぼくたちにできることはきっといたるところにあって、いまこそ勇気をもって何度でも始めることが求められているのだ。

「元春レイディオ・ショー」は、
NHK-FMで、きょう3月31日スタート、
毎週火曜日(月最終週を除く) 23:00 - 24:00。
再放送は、翌週火曜日の10:00 - 11:00。
詳細は、専用ウェブサイトで。
GO URL⇒ http://www.moto.co.jp/MRS/


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

Kapua

ALOHA!

懐かしくて泣きそうになってしまった昨日の夜。。。
電波の向こうに君が居ると思っていたよ

そこに居ても居なくても関係ない
きっとそこに居るだろうな
と、思える友達が居ることが嬉しい
でも
やっぱり同じ時間をシェアしていたことが嬉しい
by Kapua (2009-04-01 23:20) 

transblue

会ったこともない人もふくめて、たくさんの人が友人みたいな気持ちでリユニオンしていたのだと思うと、なんだか感慨深いです。

20年以上前にしかできなかったこともあるだろうけど、いまだからできることもあって、だからそれぞれがそれぞれの場所、それぞれのやりかたで、やっぱり歌いかけていないといけないんだよ。

by transblue (2009-04-02 02:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。